Tradeview Markets

日本人にとっては、2016年頃から急速に名前を知られるようになった「新興業者」のイメージですが、実は2004年からNYを拠点とした、業界では知る人ぞ知る業者でした。
かくいう私も、『Balibariの・放浪記・別館』ブログで紹介している[V社]が、英国ライセンス切り替えの際、一時的にTradeview Marketsのシステムとサーバーをお借りしていた、という裏話もあります。つまり、そのくらいしっかりしたシステムとリキッディティプールの深いサーバーを保有していたわけです( [V社] の凄さを知らない人にはわからないかもしれませんが)。

とは言っても、何せ保守的な日本市場に切り込むには… とのことで、元FX〇〇の社員であった日本人Y氏がスタッフとして加わり、積極的に「日本へのプロモーション行客」を繰り返されたのが、現在の業績に繋がっているものと思われます。
当のY氏も「連日100名を超える口座開設者で大忙しです!」と嬉しい悲鳴を挙げておられます… アレ?それじゃあAtelier de Balibariはあまり貢献していないような…(自爆)。

取引環境としては、ECNで充実したリキッディティプロバイダー、極狭のスプレッド、業界最安のECN手数料 (5ドル or 500円/lot)、cTrader取引にも対応。スキャルピング・両建て可能、CFDを含む全ての取引がリベート対象となります。 また「低手数料口座」として口座開設すると、通常の手数料からリベート分がディスカウントされた手数料にて取引することができます。

Balibariのリベートプログラム@Tradeview Markets

MT4 X.L.口座:リベート$8.00 相当額/1 lot往復
MT4 I.L.C. USD口座:リベート$2.00/1 lot往復
MT4 I.L.C. JPY口座:リベート200円/1 lot往復
(円口座手数料は500円/1 lot往復)
MT5 ECN口座:MT4 USD/JPY口座と同じリベート率
cTrader口座:リベート$2.00/1 lot往復
Currenex-Viking口座:リベート$2.40/1 lot往復

口座開設はこちらのリンクから!

続・バリバリの海外FX放浪記 by Balibari