【拡散】#SayNoToBillGates #NoNewNomal【希望】

COVID-19

「COVID-19(新型コロナウィルス)で生活が一変しました」
「愛する人を失った人もいます」
「(この騒ぎが)人々の生活を永遠に変えようとしています」
「家にいることは構わないんです…」
「それで(本当に)命が救われるのなら」
「でもビル・ゲイツのような権力者達はこう言っています」
「これが我々の“ニュー・ノーマル”であると」
「ゲイツは言います。人々は2度と“一切”集まることはできない…」
「全員がデジタルIDを持つまでは」
「ゲイツは人々をどこにも行かせないつもりです – 仕事、学校、旅行、スポーツ、コンサート、買物、そして友達と会うことも」
「彼が出資している製薬会社や気味の悪いテクノロジーで$$$$(大金)をもうけるまでは」
「誰もあの大富豪に投票していないし、人々の人生を脅かす彼の計画を支持していません」
「私達はビル・ゲイツに“ノー”と言いたいんです- 私たちの自由のために」

彼女達の、マスクに隠れそうでありながら、真剣で怒りに満ちた、射るような眼差しに何かを感じていただけたでしょうか。
この年頃の少女が身の危険を冒してでもこのようなアピールをしなければならない程、アメリカ人は追い詰められているということでしょう。
我々日本人が、漢字も読めず呂律も回らない我が国の首長に「ただならぬ危機感」を肌で感じるのと同様、アメリカで起きていることをいち早く皮膚感覚で捉えられるのはやはりアメリカ人なのです。
問題は、この狂人・サイコパスのシナリオが何年も前から巧妙に計画され、世界中の人類を視野に入れ嵌め込んだ「やらせ」だと言うことです。
メディアが絶対に伝えようとしない、他の病気の死者数と比較すれば一目瞭然です。

1ヶ月間の肺炎による死者数

下の動画で、薄笑いを浮かべ裏返った声で「ヴァクシネイティッド〜」と話すこの男を見ると、いかに狂っているか(サイコパス)があなたにも伝わるのではないでしょうか。

Gates on the Covid-19 vaccine: "You Don't Have A Choice"

“But you don’t have a choice. People act like you have a choice… But for the world at large, normalcy only returns when we’ve largely vaccinated the entire global population.”
「選択の余地はないんです。人々は選ぶ自由があるかのようにふるまっているが、大局的に見れば、世界中の全員がワクチンを打つまで日常生活は戻ってこないんだよ!」

我々庶民(麻生氏に言わせると“下々の民”ということです・苦笑)にできることは、基本的人権を主張し自由を守ることだけです。つまりは理不尽な要求には徹底して反対することです。
政治家や資本家、著名人の言うことは信じず、自分の目で見て、自分の頭で考えて、自分の本能に自信を持って判断してください。