J’Accuse… 頭隠して尻隠さず!

J'Accuse... 私は告発する!

私は告発する!第2回:『海外FXアフィリエイト・IBは儲かる・稼げる』的サイトのモラル意識の低さ

昨年、いや一昨年くらいからでしょうか、「海外FXアフィリエイトやったら儲かるでー」「俺はこのFXアフィリエイトでこんだけ稼げた!あんたもやらなきゃ損そん!」的なサイトが急増したように感じます。

イケダハヤトだとか、川島和正さんだったりとか、与沢翼さんだったりとか、「私はこんだけ稼いでいます!」というキャッチーな響きが人を焚き付け、噂が噂を呼び、さらに儲けに繋がる… というロジックと同じつもりなのか、私にはこの「海外FXアフィリエイト(IB)やったら稼げる」的なサイトの目的というか、一体何の得があるのか、そのロジック自体が分からないので、別にそこを糾弾するつもりはないんですよ、ええ。
実際、無駄な努力に終わった(稼げなかった)のか、もう既にブームも下火なようですし。

今日ここで物申したいポイントは、こういったサイトの多くで、自分の個人情報(会員IDやアカウント番号)はボカシたり黒塗りしたりと、しっかり隠しているのに、FX会社のアカウントマネージャーだったり、サポートご担当者の個人情報を、まんまネット上にアップしてるんですよね!?
想像するに、恐らく「わてはこのFX会社とこんなに懇意にしてるんやでー」「アフィリエイト(IB)になると専属マネージャーがつくんだよー!」的な心理が働くのか、それとも「FX会社側(担当者)は情報開示して当然」といった意識なのか… 理解に苦しむのですが、まあ一昨年あたりからこういった事例が頻発しているということです。

当然、そういったケースはFX会社側の目に触れて、注意を受け、該当の記事を削除または修正する羽目になるのですが、ネット上に晒された個人情報は一人歩きを始め、完全に消し去ることは困難なのが現状です。
通常であればアフィリエイト(IB)契約を切られてもおかしくない事例であり、件のFX会社やご担当者が「寛大」であるからこそ大事には至っていないという事実を、こういったサイトの運営者はどれだけ理解しているのでしょうか…?

タイトルの『頭隠して尻隠さず』の本来の意味は「自分の悪事や欠点の一部を隠しただけで、すべてを隠したつもりでいる愚かさを笑う」ですが、「バリバリ、意味まちごうて使うてるやん」と思いました?

いやいや違うんです。こういった連中は、自分の個人情報(頭)は隠し覆せたつもりでも、そのオツムの中身(尻)をすっかり世間に晒してしまってますよ、ということなんですョ。ねっ?